Voice of ER ー若輩救急医の呟きー

日本のどっかに勤務する救急医。医療を始め、国内外の問題につきぼちぼち呟く予定です。

書評

「◯◯が担当大臣/首相だったから…」は本当ですか?

皆さんこんにちは。現役救急医です。SARS-CoV-2感染者数がまた急増し、一部地域では蔓延防止措置が適用されました。 news.yahoo.co.jp 「まん延防止等重点措置」広島・山口・沖縄への適用を正式決定 約3カ月ぶり 9日から31日まで(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニ…

また感染者数が増えていますが

こんばんは。現役救急医です。ワクチン接種拡大により落ち着いていたSARS-CoV-2感染者数が、最近また増え始めています。東京では300名以上で感染が確認され、沖縄に至っては早くも第6波が来たとすら言われています。 【速報】東京都で新たに390人感染 前日(1…

【妄想シミュレーション】もしゴルゴ13が鬼滅の堕姫の『排除』を依頼されたら Part 2

皆さんこんばんは。現役救急医です。今日は前回に引き続き、「ゴルゴ13が堕姫を『排除』する依頼を受けたらどうなるのか」ということを極力真面目に考察していきます。 voiceofer.hatenablog.com 前回の考察では、『鬼滅の刃』時代設定が大正時代であること…

【妄想シミュレーション】もしゴルゴ13が鬼滅の堕姫の『排除』を依頼されたら Part 1

皆さんこんばんは。現役救急医です。幸い私は1/1~3の間、あまり忙しくなかったので1/2夜間に放送されていた『鬼滅の刃 遊郭編』を見ることができました。遊郭編に登場する悪役は堕姫という上弦の鬼です。これまでのストーリーを見るに、堕姫は 江戸期?から…

パルパティーンと鬼舞辻無惨が戦ったらどうなるのか妄想してみた。

こんにちは。現役救急医です。今日は、「鬼滅の刃の悪役とスターウォーズの悪役が対決するとどうなるのか」を妄想するシリーズの第2回です。前回は「猗窩座 vs ダース・ヴェイダー」でしたが、今回は悪の首領同士の対決 − すなわち、鬼舞辻無惨とパルパティ…

ダース・ヴェイダーと猗窩座が戦ったらどうなるか妄想してみた。

新年あけましておめでとうございます。現役救急医です。2022年の初記事は、普段とだいぶ趣向を変えてみます。 実は大晦日にYahooニュースを見ていたら、たまたま面白そうな記事を見つけたのです。『空想科学読本』等の著書で有名な柳田理科雄先生による、『…

【衝撃的事実】『日本版CDC』創設は2009年時点で構想が存在していた

こんばんは。現役救急医です。私が去る11/21~23の間、第49回日本救急医学会総会に参加していたことは以前述べた通りですが、実はこの学会の講演, ないし セッションで非常に興味深い話がありました。 学会最終日の11/23午前中に、川崎市健康安全研究所所長で…

愛知県の中3刺殺事件のニュースで思ったこと。

こんばんは。現役救急医です。今日は珍しく時事問題について自論を開陳します。去る11/24、愛知県で中学3年生男子生徒が同学年男子生徒を包丁で刺して殺害するという事件が発生し、当該地域はまだしも, 日本中が騒然としています。 凶器の包丁をネットで事前…

第49回日本救急医学会総会に行ってきた。

こんばんは。現役救急医です。Twitter&YouTubeのフォロワーさんは既にご存知かと思いますが、11/21~23(今日)まで、東京で開催されていた第49回日本救急医学会総会・学術総会に行っていました。COVID-19パンデミックにより、2020年初頭以来、医療系の学術…

最近読んだ日本史関連書籍を紹介する

みなさんこんばんは。今日はメチャクチャ久しぶりに、本を紹介していきます。私はもともと歴史好きで、小学校〜中学校の歴史のテストでは90点台も珍しくなく, 高校では世界史を選択していました。但し医学部6年間+卒後は殆ど医学の世界であり、それ以外の分…

新型インフルエンザやトリインフルエンザを覚えていますか

最近、空き時間などに救急専門医試験の勉強をしているのですが、過去問には年度により、その年に話題となった感染症に関して出題されていることがあります。また、救急医の標準テキストには新興・再興感染症に関する項目があります。 その勉強の過程で獲得し…

いろんな内容の動画をupし続けています

こんばんは。今日はまた、私のYouTubeチャンネルから最近上げた動画を紹介していきます。 まず1つ目は、今日公開したやつです。 youtu.be 医療の話題からだいぶ離れて、私が特に国際情勢について「勉強になった!」っていう本を何冊か紹介しています。 他に…

本の紹介(21); 『KGBの男 冷戦史上最大の二重スパイ』

早いもので3月も末ですね。新たに進学, 進級, 就職, ないし転勤になる皆さんはそれぞれ不安とか期待を抱えて複雑な心情ではないでしょうか。私も、所謂医局人事で地方の病院に行くことになるし, 秋には専門医試験も控えているので戦々恐々です。 今日は久々…

【東日本大震災・福島第一原発事故から10年】放射線の影響について良く分かる本

今年で、あの東日本大震災・福島第一原発事故から10年を迎えます。当時医学生だった私は、突然街を襲った激震に戦慄し, その後TVに映った福島第一原発の有様を見て愕然とし, また事態収束に手間取り、要領を得ない記者会見ばかり開く東電・政府に苛立ったも…

衡平感覚と医療・医学

こんにちは。今日は久々に(?)YouTube以外のネタでブログを更新します。以前私はこのブログで『喧嘩両成敗の誕生』なる書籍を紹介しましたね。その本で、『衡平感覚』という専門用語が登場します。この定義は「復讐を行う時、双方の損害が等価となるように…

緊急事態宣言が再発令と聞いて。

もう既にニュース等で皆さんはご存知かと思いますが、緊急事態宣言が再度発出されました。埼玉・東京・千葉・神奈川が対象であり、飲食店の営業時間短縮や夜間の外出の自粛等を要請する内容となっています。 医療関係者の間でも様々な意見が出ているようです…

やっぱ年末年始はStay Homeして読書でしょ。

こんにちは。今日は当直明けで早上がりなので、ブログをせっせと更新します。例年であれば、この時期は帰省ラッシュで鉄道/新幹線も航空機も高速道路もごった返していますが、Covid-19のパンデミックが未だに猖獗を極める現在、流石に人波は縮小気味のようで…

本の紹介(20) 『喧嘩両成敗の成立』

今日は久々に、最近読んだ本の書評行きます!『喧嘩両成敗の成立』(清水克行 著, 講談社選書メチエ) です。この本の題名の通り、日本には『喧嘩両成敗』という概念がありますが、その起源を歴史から探ろう、的な内容です。 なお室町時代は、歴史学者の間で…

Twitterとか見てて思ったこと。

こんにちは。今日はYouTubeネタ・Covid-19ネタ・医学ネタのいずれからも離れて、Twitter等で見かけたニュースについて思ったことをぶっちゃけます。 (1) 環境のことを心配するなら… 昨日の朝、NHKニュース7の画面キャプチャーとともに、以下のようなツイート…

【米国大統領選挙】トランプが続投したらマズい理由

以前、私は何度かブログで米国情勢について言及していたと思いますが、今回はYouTube動画にしました。 youtu.be 動画で紹介した本はいずれも過去に紹介しています。日本での発売は2018年と2年前ですが、いずれも軽視できない内容です。2015-16年の選挙時には…

ノーベル賞で一喜一憂している場合ではありません。

こんばんは。数日ぶりの更新となりますが、今日はYouTubeへの動画アップロードの告知です。 youtu.be ここ1週間、2020年のノーベル賞受賞者発表でニュースが賑わっていました。毎年のことですが、いつもマスコミは「日本人受賞者は今年は…!?」とお祭り騒ぎ…

本の紹介(19); 我々の起源が学べる本を紹介します

以前から本ブログでは、日本史や人類史に関連する本を何回か紹介していますが、今回も同様の書籍を幾つか紹介してみようと思います。 (1) 『境界の日本史 地域性の違いはどう生まれたか』著者; 近江俊秀, 森先一貴 朝日新聞出版 現代日本においても、方言や…

本の紹介(18); アフリカについて学べた本を2冊紹介します

今回は、最近読んだ本の中から、特に印象に残ったものを紹介します。今日のお題はズバリ、アフリカ情勢です。 (1) 『喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日』著者; トム・バージェス, 集英社 思い返せば日本で近年アフリカのニュ…

岩田先生の著書を参考に感染症の『水際対策』について、色々考えてみた。

最近、私は暇さえあれば岩田健太郎先生の著書を読むようにしています。私は一応、救急専門医資格取得を目指し修行中の医師ですが、感染症 ー特に、アウトブレイクの阻止といった疫学的な話 ー に詳しい訳ではありません。確かに、外来やICUで抗菌薬を処方す…

テレビによく出る『専門家』に関する私見

最近、COVID-19関連で様々なテレビ局に引っ張りだこの教授が居ますね。東京大学の児玉龍彦教授です。まだ記憶に新しい方も居ると思いますが、その人、2011年の東日本大震災・福島第一原発事故の時にもテレビや国会で盛んに発言していました。その時私はまだ…

本の紹介(17); 『「BC級裁判」を読む』

今日は8/15, 日本がポツダム宣言受諾を表明し、第二次世界大戦にて連合国へ降伏して75年経過した日です。そんな日ですが、今回は第二次世界大戦 ー 特にアジア太平洋戦争 ー における、日本が関与した非人道的行為に関連する著書を紹介します。 『「BC級裁判…

「世界史に影響を与えた人物」に医療関係者も加えたい。

私は暇さえあればよくYouTubeを試聴するのですが、最近ハマっているチャンネルがあります。『俺の世界史ch』といって、世界史好きなチャンネル所有者(歴史専門の家庭教師のようです)が世界史に関する様々な知識を披露しています。 そのチャンネルが上げて…

『 #気が滅入る状況をさらに滅入らせてくれる映画 』のマイベスト5

さて先日、Twitterで『#気が滅入る状況をさらに滅入らせてくれる映画』というハッシュタグが私のタイムラインに登場しました。ここ数日のCOVID-19感染拡大と緊急事態宣言を巡る騒動のためか『#気が滅入る状況を忘れさせてくれる映画』というハッシュタグがト…

『知略の本質』を通して考察する災害時のリーダーシップ

今日で東日本大震災から9年が経ちました。あの衝撃的な揺れと、東日本太平洋側一体を襲った巨大津波, そして福島第一原発の事故からもうそんなに経っているとはちょっと信じられません(まだ最近の事のように思える)。そして皮肉にも2020年現在、COVID-19流…

本の紹介(16); 『フューチャークライム サイバー犯罪からの完全防衛マニュアル』

読者の皆様、お久しぶりです。久々の更新になります。今回は、最近読んだ本で非常に印象に残った本を紹介します。 『フューチャークライム サイバー犯罪からの完全防衛マニュアル』(マーク・グッドマン著, 青土社) インターネット, IoT(Internet of Thing…