Voice of ER ー若輩救急医の呟きー

日本のどっかに勤務する救急医。医療を始め、国内外の問題につきぼちぼち呟く予定です。

国際情勢

ワシントンDCの暴徒はなぜ暴走したのか

こんにちは。今日もまた'Bellingcat'の記事を引用して、1/6(現地時間)にワシントンDCで発生したトランプ支持者の議会乱入の背景について書いてみようと思います。 今回(2021年1/6)の前にも2回ほど、ワシントンDCではトランプ支持右翼団体による抗議行動…

QAnon陰謀論の起源とは

こんにちは。今更ですが、米国が大変なことになっていますね。ワシントンDC現地時間の1/6、大統領選挙の選挙人の認証が行われている米国議会へトランプ支持者の集団が乱入。死者も複数出たとのこと。 www.cnn.co.jp www.cnn.co.jp これを受けて(?)1/7には…

【2020年ノビチョク事件】実行犯とその足取りを特定したらしい

こんばんは。今日はちょっと気になったニュースを紹介しようと思います。以前、私は「2018年に英国で元KGB工作員と彼の娘の毒殺未遂に使用された化学兵器『ノビチョク』の製造元が判明した」というニュースをYouTube動画で紹介しました。 なお、このノビチョ…

Twitterとか見てて思ったこと。

こんにちは。今日はYouTubeネタ・Covid-19ネタ・医学ネタのいずれからも離れて、Twitter等で見かけたニュースについて思ったことをぶっちゃけます。 (1) 環境のことを心配するなら… 昨日の朝、NHKニュース7の画面キャプチャーとともに、以下のようなツイート…

米英仏におけるCovid-19救済金の地理的な差異

今日は、SNS上で非常に興味深い英語記事を見つけたのでちょっとだけ紹介してみます。この記事は今年12/4に"Bellingcat"というジャーナリストや専門家の集団が発表したもので、原題は"What Restaurants and Maps Can Tell us About Billion Dollars of Covid-…

バイデン氏に望むこと3箇条

こんばんは。今日はYouTubeへの新規動画アップロードのお知らせです。米国大統領選挙は最終的にジョー・バイデン氏が当選を確実とし、ドナルド・トランプの次の大統領となることが決まりました。 それに関して、私の思うところ(バイデン氏に期待したいとこ…

神経剤ノビチョクの製造元を特定?

こんばんは。連日のブログ更新ですね。今日は、YouTubeチャンネルへアップロードした動画の紹介です。 youtu.be 今年の8月下旬から9月くらいまで、ロシアの反体制活動家が毒を盛られて重症化・入院し(後に改善し退院)、それがロシア政府の犯行だという物騒…

【米国大統領選挙】トランプが続投したらマズい理由

以前、私は何度かブログで米国情勢について言及していたと思いますが、今回はYouTube動画にしました。 youtu.be 動画で紹介した本はいずれも過去に紹介しています。日本での発売は2018年と2年前ですが、いずれも軽視できない内容です。2015-16年の選挙時には…

表現の自由について思ったこと

去る10/17、フランスから衝撃的なニュースが届きました。表現の自由に関して授業で議論する為に、同国の週刊誌『シャルリー・エブド』のムハンマドの風刺画を生徒に提示していた教師が殺害されたのです。 www.afpbb.com この事件はフランス全土に衝撃を与え…

アイスランドにおけるSARS-CoV-2の拡散

今日はまた、英語論文の紹介です。今回参考にしたのは、今年4/14にNEJMにて発表(その後、6/11にアップデート)された論文“Spread of SARS-CoV-2 in the Icelandic Population” (Gudbjartsson DF, Helgason A. et. al., N Eng J Med;382(24)2302~2315)です。…

ノーベル賞で一喜一憂している場合ではありません。

こんばんは。数日ぶりの更新となりますが、今日はYouTubeへの動画アップロードの告知です。 youtu.be ここ1週間、2020年のノーベル賞受賞者発表でニュースが賑わっていました。毎年のことですが、いつもマスコミは「日本人受賞者は今年は…!?」とお祭り騒ぎ…

米国医学部における、性別・人種・性的嗜好による差別に関する研究

今日は久々に論文の紹介です。今回紹介するのは"Assessment of the Prevalence of Medical Student Mistreatment by Sex, Race/Ethnicity, and Sexual Orientation" (KA. Hill, EA Samuels et. al., JAMA Intern Med. 2020;180(5):653-665)です。発表された…

生命倫理関連の話題でちょっと気になることがあったので

昨晩YouTubeをなんとなく見ていたら、ちょっと気になる話題を目にしたので今回はそれについて持論を展開したいと思います。その件の動画とは、以下のようなものです。 絶滅危惧種の野生馬のクローンを作成し、それを種の保存に活かそうという試みについて、…

本の紹介(18); アフリカについて学べた本を2冊紹介します

今回は、最近読んだ本の中から、特に印象に残ったものを紹介します。今日のお題はズバリ、アフリカ情勢です。 (1) 『喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日』著者; トム・バージェス, 集英社 思い返せば日本で近年アフリカのニュ…

岩田先生の著書を参考に感染症の『水際対策』について、色々考えてみた。

最近、私は暇さえあれば岩田健太郎先生の著書を読むようにしています。私は一応、救急専門医資格取得を目指し修行中の医師ですが、感染症 ー特に、アウトブレイクの阻止といった疫学的な話 ー に詳しい訳ではありません。確かに、外来やICUで抗菌薬を処方す…

『安楽死』事件の報道を見て思ったこと

去る7月23日、衝撃的な事件が報道されました。筋萎縮性側索硬化症の女性からSNSを通じて依頼を受けた医師2名が本人宅を訪問し、薬物投与により死なせたとして、嘱託殺人容疑で逮捕されました。 まず安楽死の定義ですが『医事法入門 第2版』(手嶋豊 著, 有斐…

「ヒドロキシクロロキンに関する論文を撤回」と言うので原文を当たってみる。

去る6/5、「COVID-19の治療薬として期待されていた薬剤の一つ、ヒドロキシクロロキン に関して『死亡リスクが上がる』と報告していた論文が撤回された」とするニュースが出回り衝撃が走りました。下記のニュースリンクにもあるように、既に識者(忽那賢志先…

ネット上で誹謗中傷をやらかす以前に考慮しておくべきこと。

(1) Introduction さて、昨日衝撃的なニュースが日本中を駆け巡りました(海外にも衝撃が伝わったようですが)。 (私は見たことがありませんが)"Netflix"で配信されていた人気番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーが5/23に死去したというの…

【COVID-19】日本はこのままだとどうなるか予想してみる。

ここ最近、日本国内で感染者数増加のニュースが続いています。3月末になって取り沙汰された「東京都ロックダウン」や「緊急事態宣言」に関して政府は「まだ瀬戸際の状況だ」と言いつつ緊急事態宣言の発令には至っていない状況です。 そんな中、専門家の間で…

【COVID-19】日本のリーダーシップ欠如を危惧する

連日、COVID-19の話題で持ち切りですが、日本国内でも色々と不穏な話題が出て来ていますね。経済対策ということで、和牛や魚のクーポン券を配布するという案が出て来る一方で、東京都を封鎖する可能性も取り沙汰されています。そうゆう国内外の情勢を見て、…

せっかくなんで新型コロナウイルスに関する論文を読んでみた。 Part 8

世間の話題がほぼCOVID-19で占有されていますが、私も最近入手したCOVID-19関連の論文を紹介します。今回紹介するのは今年3月13日にオンライン発表された論文"Critical Care Utilization for the COVID-19 Outbreak in Lombardy, Italy"(JAMA; Grasselli G, …

【COVID-19関連】EU報告「Disinformationの背後にロシアあり」

感染が拡大し、世界中を不安に陥れているSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)。既に日本国内のSNS等でも話題にはなっていますが、偽情報(以下"disinformation"で統一)の流布も深刻ですね。 そんな中、海外(米英)の報道によると、そういったdisinformation…

『知略の本質』を通して考察する災害時のリーダーシップ

今日で東日本大震災から9年が経ちました。あの衝撃的な揺れと、東日本太平洋側一体を襲った巨大津波, そして福島第一原発の事故からもうそんなに経っているとはちょっと信じられません(まだ最近の事のように思える)。そして皮肉にも2020年現在、COVID-19流…

【COVID-19関連】偽情報へ立ち向かうには

先日の投稿でも指摘しましたが、今回のCOVID-19流行に伴い、様々な科学的裏付けのない情報, もしくは意見(以下、"disinformation"で統一します)が、インターネットのみならず公共の電波を通じて流布される事態になっています。さすがの厚労省等公的機関も、…

せっかくなんで新型コロナウイルスに関する論文を読んでみた。 Part 6

少々途切れてしまいましたが、COVID-19/SARS-CoV-2関連論文の和訳シリーズを再開しようと思います。今回は今年3月3日にJAMAに発表された論文"Epidemiologic Features and Clinical Course of Patients Infected With SARS-CoV-2 in Singapore"(Young BE, Ong…

"Bellingcat"なるサイトを読んで、ガチなファクトチェックを知った件について。

いつ頃からか、「ファクトチェック」というフレーズが流行るようになりました。これまで様々な『嘘』 ー 厳密には、裏付けのない憶測, 科学的検証の無い情報, 別メディアで発表された情報を改変し、意図的に別の文脈へ付け替えるetc.ー が、インターネットは…

せっかくなんで新型コロナウイルスに関する論文を読んでみた。 Part 5

今回は、NEJMへ今年2月28日に発表された論文"Clinical Characteristics of Coronavirus Disease 2019 in China"(Guan W, No Z. eat al.)の和訳を載せて行きます。なお、これまで新型コロナウイルスを"2019-nCoV"と呼んでいましたが、最近"severe acute respi…

せっかくなんで新型コロナウイルスに関する論文を読んでみた。Part 4

今回は、今年の2月24日にJAMAへ掲載された論文"Characteristics of and Important Lessons From the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in China" (Wu Z, McGorgan JM et al.)を和訳して紹介します。 (1) Introduction Chinese Center for Disea…

せっかくなんで新型コロナウイルスに関する論文を読んでみた。Part 3

今日はJAMAに本年2月7日に掲載された論文"Clinical Characteristics of 138 Hospitalized Patients With 2019 Novel Coronavirus-Infected Pneumonia in Wuhan, China"(Wang D, Hu B et al.)を紹介します。 (1) Objective COVID-19で入院した138名の患者につ…

せっかくなんで新型コロナウイルスに関する論文を読んでみた。 Part 2

今回はNew England Journal of Medicineへ今年1月29日に発表された"Early Dynamics in Wuhan, China, of Novel Coronavirus-Infected Pneumonia"(Lin Q, Guan X et al.)を和訳してみました。 (1) 目的 武漢で確定診断された最初の425例を通して、疫学的な特…