Voice of ER ー若輩救急医の呟きー

日本のどっかに勤務する救急医。医療を始め、国内外の問題につきぼちぼち呟く予定です。

ロシア

スプートニクVの疑惑

今日は、またCOVID-19のワクチンに関する話をしようと思います。先日のブログで私は、UpToDateを参考に、世界中で承認されているCOVID-19ワクチンの紹介をしました。実はそのうちロシア製のスプートニクV(Sputnik V, 又の名をGam-COVID-Vac)の第3相臨床試験…

2014年の弾薬庫爆発はロシア当局の犯行

今日は海外の調査報道専門サイト'Bellingcat'でまた興味深い記事を発見したので、その内容を紹介します。 去る2014年10/16の午前9時25分、チェコのVrbeticeという町で弾薬庫が爆発し、管理を担当していた会社('Imex'という企業)の従業員2名が死亡しました。…

本の紹介(21); 『KGBの男 冷戦史上最大の二重スパイ』

早いもので3月も末ですね。新たに進学, 進級, 就職, ないし転勤になる皆さんはそれぞれ不安とか期待を抱えて複雑な心情ではないでしょうか。私も、所謂医局人事で地方の病院に行くことになるし, 秋には専門医試験も控えているので戦々恐々です。 今日は久々…

【ロシア】ナワリヌイ氏以外も狙われた(そして殺された)疑惑が浮上したとのこと

こんばんは。以前私はこのブログとYouTubeチャンネルで、「ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が、神経剤ノビチョクを用いて英国在住の元KGB工作員スクリパリ氏とその家族の暗殺を試みた」・「反体制派のナワリヌイ氏は、ノビチョクによる暗殺未遂実行前からロ…

【2020年ノビチョク事件】実行犯とその足取りを特定したらしい

こんばんは。今日はちょっと気になったニュースを紹介しようと思います。以前、私は「2018年に英国で元KGB工作員と彼の娘の毒殺未遂に使用された化学兵器『ノビチョク』の製造元が判明した」というニュースをYouTube動画で紹介しました。 なお、このノビチョ…

バイデン氏に望むこと3箇条

こんばんは。今日はYouTubeへの新規動画アップロードのお知らせです。米国大統領選挙は最終的にジョー・バイデン氏が当選を確実とし、ドナルド・トランプの次の大統領となることが決まりました。 それに関して、私の思うところ(バイデン氏に期待したいとこ…

神経剤ノビチョクの製造元を特定?

こんばんは。連日のブログ更新ですね。今日は、YouTubeチャンネルへアップロードした動画の紹介です。 youtu.be 今年の8月下旬から9月くらいまで、ロシアの反体制活動家が毒を盛られて重症化・入院し(後に改善し退院)、それがロシア政府の犯行だという物騒…

【COVID-19】日本はこのままだとどうなるか予想してみる。

ここ最近、日本国内で感染者数増加のニュースが続いています。3月末になって取り沙汰された「東京都ロックダウン」や「緊急事態宣言」に関して政府は「まだ瀬戸際の状況だ」と言いつつ緊急事態宣言の発令には至っていない状況です。 そんな中、専門家の間で…

【COVID-19関連】EU報告「Disinformationの背後にロシアあり」

感染が拡大し、世界中を不安に陥れているSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)。既に日本国内のSNS等でも話題にはなっていますが、偽情報(以下"disinformation"で統一)の流布も深刻ですね。 そんな中、海外(米英)の報道によると、そういったdisinformation…

"Bellingcat"なるサイトを読んで、ガチなファクトチェックを知った件について。

いつ頃からか、「ファクトチェック」というフレーズが流行るようになりました。これまで様々な『嘘』 ー 厳密には、裏付けのない憶測, 科学的検証の無い情報, 別メディアで発表された情報を改変し、意図的に別の文脈へ付け替えるetc.ー が、インターネットは…

本の紹介;(15) 『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』

実は私、本ブログでこれまで紹介したもの以上に本を相当数読んでいるのですが、仕事が忙しいこと, 他に紹介したいネタがあるので後回しにしていたんです。ってことで、今日は比較的最近読んだ本『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(…

海外メディアで英語のリスニング。そして国際情勢も学ぶ。

数年前から、英語のリスニング練習のつもりでYouTubeで海外メディアのチャンネルを時々視聴しています。私がよく見ているものを紹介すると、 CNN(米国)や、 www.youtube.com BBC(英国) www.youtube.com アルジャジーラ英語版(中東のカタール) www.yout…

米国のマティス国防長官が辞表提出

もう2日くらい前のニュースですが、米国のトランプ政権の閣僚がまた離任しました。国防長官のマティス氏です。 www.huffingtonpost.jp www.nikkei.com 辞任の理由はズバリ、「トランプと意見が合わなかった」からです。マティス氏は冷戦時代以来の同盟国との…

本の紹介(5); 『21世紀のイスラム過激派 アルカイダからイスラム国まで』

前回の記事で、中東情勢について書くと予告しましたが、ちょっと前に興味深い本を購入し読んだので、その本の内容(と紹介)も交えて、私の知っていること, 思うことをまとめていこうと思います。 まず、件の本ですが『21世紀のイスラム過激派 アルカイダか…

英国の元ロシア工作員殺害未遂事件、実行犯は軍医だった。

www.afpbb.com 今年、英国に亡命した元ロシアの工作員とその娘がイングランド南部の町ソールズベリーで倒れ、原因が神経剤と判明した事件が起きました。その後、香水瓶に入れて捨ててあった神経剤に接触し、地元市民2名が入院するという事件も起きてしまいま…

インターネットは謀略の手段と化した

以前、本ブログでロシアがハッキングによって2016年の米大統領選挙に介入し、ドナルド・トランプの勝利に寄与したことや、日米当局がインターネットや衛星通信を傍受していたことを紹介しました。 voiceofer.hatenablog.com voiceofer.hatenablog.com 不幸に…

本の紹介(2); 『共謀 ートランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』

おはようございます。日本対ベルギー戦、本当に惜しかったですね。試合を録画してまだ見ていませんが、ニュースに出て来るハイライトやネットを見る限りでは日本代表はかなり頑張ったみたいだし、世界中で賞賛の声が上がっていて、ポーランド戦の『汚名』は…