Voice of ER ー若輩救急医の呟きー

日本のどっかに勤務する救急医。医療を始め、国内外の問題につきぼちぼち呟く予定です。

【海外メディア記事より】増え続けるワグネルの戦死者

 皆さんこんにちは、現役救急医です。数日ぶりの更新です。寒波のせいか、急病になる人が増えてしまい、てんてこ舞いでした。それに加え、担当患者の病状説明やら, 今後の方針(長期的なものを含む)の相談やらで忙殺され、心の余裕もすり減っていました。

 

 今日は久々に、海外メディアのネット記事をざっと紹介してみます。今年1/24公開・1/26訂正がされたNew York Timesの記事"Imagery shows how a cemetary for Russian mercenaries is expanding"を参考にしています。

www.nytimes.com

 ウクライナ情勢の報道で既に何度も言及されているので皆様はご存知かもしれませんが、ロシアのウクライナ侵攻には民間軍事会社ワグネルも参加しています。廣瀬陽子氏の著書『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』講談社現代新書によると、『民間』という呼称はあれど, 実際のところワグネルはロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の指揮下にある集団であり、2014年以降のウクライナ東部での戦闘のほか, シリアへの介入, 中央アフリカリビア等のアフリカ諸国での政府軍の訓練や要人・重要施設の警備を担ってきた経緯があるそうです。また特にシリアやアフリカ諸国では、こうした任務を請け負う見返りに、各国政府から地下資源の採掘利権も供与されているそうです。

 こうしてウクライナ侵攻に『参入』したワグネルですが、その戦闘員の死者数は数千人にも上り, その90%近くは刑務所で採用された受刑者なのだそうです。ワグネルの戦闘員の墓所がロシア南西部のMolkinという場所にあるそうですが、元ロシア空軍軍人の活動家によると、その墓所では墓標の数が増え続けているとのこと。また、別の場所に設けられたワグネルの墓所衛星写真を2022年11/24時点と今年(2023年)1/24時点で比較すると、明らかに規模が拡大しています。

 ワグネルのトップであるエフゲニー・プリゴジンは刑務所内で戦闘員を募る演説の中で、「埋葬を希望する場所が不明な戦死者は、ワグネルの教会の近くに埋葬する」と述べており、その後ロシアの政府系メディアによって、プリゴジンがその墓所へ献花している映像が公開されています。こうした映像には、最近(つまりウクライナにおける戦闘で)死亡した戦闘員の墓標が写っており、これらの墓標に記載された氏名・生年月日をロシアの犯罪者データベースと照合したところ、少なくとも16名の該当者が居ました。

 

 ちなみに上記『ハイブリッド戦争』の記述によると、ワグネルのトップであるプリゴジンは、強盗・詐欺・売春のカドで服役し出所後に飲食業で成功して事業を拡大させ, その過程でプーチンとお近づきになり, プーチンと外国首脳との食事会を自分が所有するレストランで開催するほどであったそうです。その後、学校給食や軍への食事提供も受注するようになり, 軍との契約は2013年で終了したものの、それ以降はワグネルへの出資や, ロシア政府のインターネット空間における情報工作を担う会社の運営にも乗り出しています。つまりプリゴジンプーチンに気に入られたことで、上記のような『汚れ仕事』を含めた業務を受注し, それにより利益を得てきた存在なのです。

 

 プーチンは何年もかけて強権的な支配体制を確立し, それによって今回のような理不尽極まりない侵略行為・戦争犯罪が可能となった訳ですが、この強権支配体制の中で、プーチンの『お友達』がロシア政府の『国益』のための汚れ仕事を喜んで受注し, それによって利益を得るとともに一定の『成果』を出すことで益々ズブズブの関係に入っていく…という闇深さを感じてしまいました。

COVID-19「2類相当から5類へ移行」の方針に思うこと。

 皆様こんばんは。現役救急医です。最近ニュースでは、かのCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関して、「現在『新型インフルエンザ等感染症』と同じ扱い, 即ち2類感染症とほぼ同等から、5類感染症へと『段階的に』変えていく」といった政府発表が話題になっています。

 2類相当から5類相当に変更することで、具体的に法制度上の扱いはどうなるのか等について、自分で調べてまとめようと思いましたが、忙しいのでそんな余裕がありません。しかしNHKの公式サイトで割と分かりやすい記事があったので、以下に掲示しておきます。

www3.nhk.or.jp

他に、宮城県の公式Twitterアカウントも分かりやすくまとめて下さっているので、こっちも参考にして頂きたいです。

まとめると、『2類→5類』により、

①COVID-19患者の入院調整に保健所といった行政が調整に入らなくなる:仮に開業医で「COVID-19であり, 尚且つ入院が必要な状態である」と診断された患者さんが居た場合、開業医は、「COVID-19患者の診療専用の病床に空きがあり, 尚且つスタッフの余裕がある」という病院が見つかるまで色々な病院に電話して紹介状を送付し続けなければなりません。下手したら、そうして医療機関を探している間に重症化していく可能性もあります。

②検査や治療の患者負担が3割になる:これまで国が全額負担していた医療費が、一部患者負担になります。大雑把な言い方ですが、医療費の患者側負担については、季節性インフルエンザや心筋梗塞, 脳卒中と同じになるのです。

③感染者や濃厚接触者に対する療養・隔離期間が指定されなくなる:入院が不要な感染者向けの療養施設(ホテルなど)は無くなります。感染者・濃厚接触者に対する隔離期間の勧告等が適用されなくなるので、こうした人たちが出勤・外出してくる可能性は上がります。

 こうした動きについては、Twitter上で医療従事者から様々な声が上がっていました(勝手に引用してしまいすみませんでした)。

 ぶっちゃけ私も、政治家や, 非医療従事者である一般市民の皆様に問いたいのです。

「本当にこのまま5類にしちゃって良いのですか?」

「2類から5類に変わることで受ける影響などを正確に把握していますか?」

「そもそも感染症対策の法体系・社会制度や, 医療提供態勢が今のままで良いと思いますか?」

と。

 COVID-19が日本国内で初確認され, パンデミックにもなって3年は経過しています。変異株が次々現れたとはいえ、この病原体の感染経路(呼吸器から出る飛沫等に乗って他の人にうつる)や病原性(急性期には人工呼吸器やECMOが必要になったり, 血栓症を併発したりする他、後遺症で脳卒中, 心血管系疾患リスク上昇や嗅覚障害, 認知機能低下等が報告されている)といった『素性』はだいぶ分かってきました。ワクチン接種により重症化リスクが低下することはデータで示されていますが、問題は感染力と, やはり病原性です。

 院内クラスターを含め様々なCOVID-19患者を診療してきましたが、あの感染力を侮ってはならないと思います。本当に、予想だにしない所から感染者が出たりしました。また、mRNAワクチン接種をきっちりやれば重症化リスクは確かに下がりますが、健常成人ですら回復後にも息切れ・嗅覚障害・咳嗽といった後遺症に悩まされ, 高齢者に関しては若年者よりも重症化しやすく, 後遺症も強くなりがち(認知機能・嚥下機能等の低下など)です。高齢者ならまだ分かりますが、比較的健常な若年者でもこうした後遺症を来し, 多くないにせよ健康な若年者・小児でも死亡例を出すような感染症の『素性』は、日本国民に十二分に理解されているのでしょうか?

 また、現在コロナワクチンは公費負担なので無料接種が可能ですが、今後5類感染症なったら、自己負担になるかもしれませんmRNAワクチンは上記にもあるように、結構高額です。発熱・筋肉痛といった副作用を理由に接種を躊躇う・延期する人は時折見掛けますが、金がかかることで更に接種を躊躇う要素が増えてしまいます。上記のような病原性にも関わらず、重症化予防策から遠ざかる国民が今後増えていくかもしれません。

 加えて、私が最も懸念し強調したいことが、「今の医療提供態勢のままで良いはずがない」ということです既に何度も報道されており, 私自身も経験していますが、様々な医療機関で患者・医療スタッフ間でCOVID-19感染が発生して診療機能が低下したり, そうでなくても病床が足りなくなったりして、COVID-19患者はまだしも, その他の急性疾患や外傷等の急患を収容する医療機関が見つからないという危機的状況が、この3年間に何度も繰り返されました。そもそもパンデミック前から日本の医療提供態勢には欠陥があり, 脆弱であったのですが、現場の医療従事者の努力でなんとか維持していました(その分、燃え尽きて辞めていったりする人も居た訳ですが)。そこへ、COVID-19という『とどめの一撃』(?)が来ただけのことです。こうした元来日本の医療が抱えてきた欠陥については、これまで何度もこのブログや私のYouTubeチャンネルで指摘してきました。

voiceofer.hatenablog.com

voiceofer.hatenablog.com

voiceofer.hatenablog.com

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

私は日本国民や政治家の皆様に今一度問いたいです。

「脆弱であることが露呈した日本の医療提供態勢を強化し, 持続可能にするような(間に合わせではなく)抜本的な政策は既に実行されていますか?」

と。

 私はこの3年間において、そのような対策・政策が実行されたとは思っていません(他の医療従事者も同意するでしょう)。政治家や国家・地方公務員が課題解決を先送りにして国民の議論・関心の励起や情報公開等を怠り, 国民も十分な関心を持たず, メディアも議論や関心の励起を怠った結果です今度こそ、今回の『2類相当を5類に』の話題が持ち上がった今こそ、真剣に議論して頂きたい。そうでないと、何も変わりません。

たまには自分の煩悩を暴露しよう

 こんばんは。現役救急医です。最近ずっと医療関連やロシア-ウクライナ情勢ばっか呟いてきましたけど、たまには別の話題を語ってみたいと思います。

 

 実は私、これまで一度も『パートナー』という存在ができたことがありません。性的嗜好異性愛(女性が好き)ですが、定期的にデートに行ったり, キスやセックスといった濃厚な接触を持ったりするような関係になった女性は皆無です。初恋は中学生時代でしたが、中学・高校時代に関しては、私が片想いしている間に、その相手は私よりも容姿が良く, 運動が得意で, 他の男子にもウケが良い男(皆私なんかより学力は下ですけどね)と付き合ってしまいました。大学時代には2回ほどそれぞれ別の女性にアプローチをしてみましたが…一回食事に誘えた後は、単なる「友人」レベルの交際で終わってしまいました。

 まあそんな悲惨な交際歴(?)だったので、医学部を卒業して間もない研修医時代などは異性にそこまで興味を持てませんでした。しかし、仲の良い同期は皆結婚して子供もいますし, それ以外の同期もSNSで定期的に(?)結婚報告や出産報告を上げているのです。「嗚呼…俺って完全に置き去りじゃねえか」という軽い無力感に襲われます。

 病院という職場で女性同僚と触れ合う機会は多いです。研修医同期や同じ医局, 他科でも女性医師は居ますが、やはり看護師とは外来・病棟・手術室といった環境で一緒にいる時間が多くなりがちです。そうゆう中で恋愛感情が芽生え、看護師と結婚した同期・先輩・後輩(男性)は少なくありません。

 私は臨床の現場で、患者の状態について看護師と情報交換やディスカッションをしたり, 経過観察や内服薬・静注薬投与等の業務に当たって注意すべき点を指導したりと、それぞれの立場を弁え, お互い敬意を払いながら仕事をするよう心がけています。

 

で・す・が…

 

 

やはり…

 

 

何人もの女性の同僚とやり取りしていると、何というか『性的な魅力』をついつい感じてしまうことはあります(笑)

 

ハイ、ここからゲスいことをぶっちゃけていきますね〜!w

 

 

30代後半〜40歳代くらいの年上の看護師でも(皆既婚者で, 概ね小学生〜高校生くらいの子供さんがいる)、一緒に診療していて馬が合い, その上容姿端麗だったりすると、ついつい「同世代だったら付き合ってたかも!」とか思うことがあります。まあ20代後半〜30代の概ね同棲代の看護師に関しても別次元の(?)打ち解け易さがあり, 時折「この子とならワンチャンあるかも」とかいう下らない妄想を昼休み時間にしちゃったりしていますwww 20代前半の所謂『新人』に関しては、何というかあどけなさが残っていて, こっちも医師として色々助言を与える機会も多いので, 「部活でよくあった『先輩-後輩カップル』がワンチャンいけるんじゃね?」とかいう、これまたしょーもない妄想をしてたりしますよ〜wwwww

 

 

え?「なんだ、てめーも所詮脳味噌が筋肉どころか性器のムッツリスケベだったのか!」って??

 

 

 

気付くのが遅い!笑 

 

 

人間だって、発情期に求愛している鳥類や哺乳類などと同じ生き物なんだからしょうがないでしょ!!(開き直ってんじゃねえよw)

 

 

 とかほざいてますけどね、もうCOVID-19パンデミックが始まって3年です。これより前は定期的に医局・診療科単位や部署(e.g., 各病棟や手術室)単位で医師同士, ないし医師も看護師も一緒になって(場合により放射線技師や臨床検査技師なども参加)飲み会をやっていて、そこで更に関係を深めて付き合っちゃうパターンが結構あったようですが、お察しの通り、もう飲み会をやってる空気ではないし, 余裕も無いです。親密になる機会が消されてしまったのです。ふざけんなよク◯ウイルスめ!

 

 今日は趣向を変えて、アホみたいな煩悩や愚痴を発散させてみました。お目汚し大変失礼しました。深くお詫び申し上げます。

【海外メディアより】ロシア軍の虐殺の証拠

 最初に注意事項を提示します。

 この記事で紹介する海外メディアのリンク先には、流血を含んだ実際の映像もあります。外傷や熱傷によって重症に陥った, ないし 亡くなられた患者さんの診療を経験している医療従事者である私でもショックを受けました。どうかご注意下さい。

 

 こんばんは。現役救急医です。今日は前々回前回同様、ロシアのウクライナ侵攻に関する海外メディアの記事を紹介してみます。今回参照した記事は、'New York Times'が昨年(2022年)12/22に公表(そして23日に更新)した記事"Caught on Camera, Traced by the Phone: The Russian Military Unit That Killed Dozens in Bucha"を紹介します。

www.nytimes.com

 昨年中に日本でも大きく報道されていたのでご存知の方も多いと思いますが、2022年2/24からロシア軍は、既に占領していたウクライナクリミア半島・ドンバス地方(東部)や, ベラルーシの領内等からウクライナへの侵攻を開始しました。ベラルーシから侵攻した軍団は、既にこのブログで触れたように、キーウを制圧を試みて頓挫し, 引き上げました。しかしこの軍団が引き上げた後、キーウ近郊の街ブチャなどでロシア軍によるウクライナ市民虐殺が明るみに出てロシアに対する国際的な非難が益々強まり、ウクライナ側も徹底抗戦・領土奪還の方針を固めることとなりました。

 

 ここから、肝心の上記の記事(というより動画)の内容をざっと紹介します。ブチャ市内にあるメインストリートは『ヤブロンスカ通り』と呼ばれていますが、そこへロシア軍部隊が展開し、虐殺を繰り広げていました(ブチャ市内の他の場所でもやっていた)。この記事では、通り沿いに設置されていた監視カメラの映像, 殺戮を逃れた住民の証言や, 彼ら・彼女らが自らのスマホで記録した写真・映像等を組み合わせて、いつ・どこで・誰が・どのようにして殺害されたのかを記述しています。

 更に、監視カメラが記録した映像・音声や, ロシア軍が撤退時に残していった書類等により、加害者がロシア軍空挺部隊『第234連隊』であることが判明しています。ロシア軍は2022年2/27時点で、ブチャを通過してキーウに向かおうとしていましたが、ウクライナ軍の反撃により失敗しました。その後、同年3/3に件の第234連隊がブチャに進駐してヤブロンスカ通り沿いに拠点を構築。それ以降、生活物資調達や仕事・避難のために通りを歩いている, ないし 自家用車で移動しているだけの一般市民を無差別に銃撃して殺傷したり、民家に押し入り, 徴兵可能年齢の民間人男性を片っ端から連行して処刑したり と、暴虐の限りを尽くしました。そして、ヤブロンスカ通りに居た民間人を攻撃している現場には第234連隊の司令官が同席していたことも映像・音声から確認できていますが、司令官がこの殺戮を止める様子は見られませんでした。

 なおロシア兵の中には、殺害した民間人から盗んだスマホで故郷にいる知人らに電話を掛けていた者が何名も居ました。通話相手の番号を使ってSNSで検索を掛けることで加害者の兵士の知人を特定し, 知人が投稿した画像によってその兵士を絞り込み, 最後はその知人本人へ直接電話することで、加害者兵士の氏名や所属等を断定しています。記事の中には、第234連隊の司令官の氏名・顔のみならず, この方法で特定された兵士らの名前と顔も表示されています。

 

 戦争が無くなることは、誰しもが望むことでしょう。しかしながら、対話を以てしても紛争を解決できずに武力を用いてしまったり, 偶発的な交戦がそのまま戦争に発展したり, そして今回のように、一国の指導層の勝手な盲信により侵略戦争が開始されることは古来からずっと続いています。「戦争を0にする」のは困難を極めます。

 そんな中でも、「戦争にもルールを作ろう」ということで、『ジュネーブ条約』等の国際法が存在しているのです。「捕虜を虐待してはならない」・「無抵抗の民間人を殺傷してはいけない」・「医療機関, 発電所や学校等を攻撃してはならない」等、種々の規定があるのは過去にこのブログでざっと触れた通りですが、これまでのロシア軍の振る舞いは、これら全てを無視しています。ロシア・プーチンの暴虐を阻止し, ウクライナ国民を戦火から救う手立ては、ウクライナ国民が日常生活・健康・経済活動を維持できるように, 且つ ウクライナ軍がロシア軍を駆逐して領土を奪還できるように支援を続けること以外にありません。その為には、医薬品・生活支援物資等だけでなく、兵器を提供し続ける(そして、より強力な兵器も供給する)ことが必要です。