Voice of ER ー若輩救急医の呟きー

日本のどっかに勤務する救急医。医療を始め、国内外の問題につきぼちぼち呟く予定です。

世間は国葬だと騒いでいるが

 こんばんは。現役救急医です。昨日(2022/9/27)、安倍晋三元首相の国葬が東京都内で挙行されました。メディアでは、誰々が参列したとか, 反対派がデモをやったとか色々言っていますが、正直私は殆ど関心を持てませんでした。ぶっちゃけ私も安倍氏国葬には懐疑的だったんで、そんな話題には興味を持てないのです(ましてや、「国葬をしないと沢山人が死ぬ!」という訳じゃないですし)。

 そもそも、国葬に値する為政者なんてこの数十年、日本国内に居たと私は思っていません。以前からメディアでは時折、バブル崩壊以降の日本国内の経済や雇用等を指して『失われたX年』と言っていましたが、これが10年, 20年, そして30年とどんどん伸びているじゃないですか。その間、日本国内では

  • バブル崩壊後の1990年代は就職氷河期と呼ばれ、解雇されたり, 大学や専門学校等を卒業しても就職先が見つからない人が多かった
  • 2000年代頃からは非正規雇用が増え、そうして採用された人たちが契約を途中で切られて社会問題になったりetc...と、非正規雇用が社会全体で常態化していった
  • 少子高齢化に歯止めが利かない
  • 地球温暖化の影響で自然災害が激甚化し, その一方でバブル期やそれ以前に建設されたインフラも老朽化している
  • 教育現場も医療現場も児童相談所も, そして一部報道では自衛隊も人手不足・予算不足に悩まされている
  • 国の研究機関・研究者に対する政策として『選択と集中』という政策が行われた結果、一部の研究機関へ予算が集中投下され, その他の研究機関・研究者(特に地方など)は予算不足のため十分に研究開発ができず、その結果日本の科学技術の発展全般に支障を来している
  • COVID-19の感染拡大によって保健所の業務が逼迫し、感染者の状態把握等に支障を来した他, 医療スタッフの感染等も影響して各地の病院の機能が低下し、COVID-19以外の疾患や外傷の患者への診療も維持できなくなった

などの課題が未だに解決に至らず、山積しています。私は、「こうした課題を完全に近い形で(人間、なんでも100%は無理ですし)解決に至らしめた」と誰もが認める政治家のみが国葬に値すると考えています。

 

 最後になりますが、今回の国葬の最大の問題点は、安倍氏への評価が国民の間で二分されているにも関わらず国葬を『強行』し, それが故に賛成派による反対派への過剰な攻撃や, 一部反対派の節操なき抗議行動といった反応を惹起したことで、故人を静かに見送れなかったことだと思います今回の件は、政権与党のみならず, 野党や有権者一同全員が猛省すべきだと私は考えています。

プーチン(ロシア)に継戦を断念させるにはどうすべきか

 読者の皆様、こんにちは。現役救急医です。今年2月末に発生したロシアのウクライナ侵攻が、また新たな段階に入ったようです。9月中旬になって、ウクライナ軍は自国東部でロシアに対する大攻勢を成功させました。

graphics.reuters.com

www.afpbb.com

これに対し、ロシアは軍の予備役30万人程度を動員する命令を下し, 核兵器の使用をちらつかせた他, ウクライナの被占領地域での『住民投票』の準備を進めているそうです。要は、ウクライナからの撤退を一切拒否し、侵略を継続するつもりなのです。

www.afpbb.com

jp.reuters.com

www.afpbb.com

 ウラジーミル・プーチンとその取り巻きの盲信のために、既にロシア側・ウクライナ側双方で多くの人命が失われており、特にウクライナ国内では、無差別爆撃やロシア軍占領地での住民虐殺等、ロシア軍による明白な戦争犯罪が現在進行形で発生しています。1日でも早く、ロシア(プーチンら)に侵略を断念させる必要があります。では、どんな方法が有効となりうるか?私は国際情勢や政治学, 軍事といった分野については完全にど素人ですが、いくつか自分なりに考えてみました。

 

① ロシア国内で政変・動乱が起きる

 プーチンとその取り巻きの横暴に痺れを切らした勢力が革命(或いはクーデター)を起こし、政権を奪取する」というシナリオは、かなり難しいとは思いますが、「起きる確率は0.0%である」とも言い切れません。取って代わった政権がウクライナ侵攻を断念するとは言い切れませんが、このような『政変』によってロシアの政権・軍部の中枢が一時的とはいえ混乱を来たすことはことは必至でしょう。その『隙』こそ、ウクライナにとっては自国東部とクリミア半島を一挙に奪還し, その上でロシアの再侵攻への防備を強化する好機となるでしょう。

 

ウクライナ軍が、ロシア国民の厭戦気分を上げるようなイベントを起こす

 ロシア軍は今年春にキーウ占領を断念してウクライナ北部から撤退した時点で、ある程度『劣勢』に立っているとも考えられます。その上、国際社会からは支持されているとは言い難く、ウクライナには諸外国から次々と兵器を含む支援が現在も続いています。そんな状況で、冒頭で述べた東部における反撃が成功したので、「ロシアは十分劣勢だ!」という論調はある意味正解なのかもしれません。

 但し、ロシアにはアジア・太平洋戦争中の日本(或いはドイツ, イタリア)と異なる強みが幾つもあります。国内には天然ガス等の天然資源が多く埋蔵されており、かつての大日本帝国のように「米国に石油や鉄を禁輸されたから南方にも侵攻して資源を確保しに行ったけれど…」みたいなことは起こりません。そして何よりも、米英仏中同様、核兵器というおぞましい抑止力を持った国連安保理常任理事国です。第二次世界大戦の枢軸国や、湾岸戦争イラク戦争時のフセイン政権のようには行くはずがありません。

 そんな厳しい状況でも一応、参考になりそうな前例はあります。ベトナム戦争下の旧北ベトナム(現在のベトナム社会主義共和国)です。ベトナムの統一を志向する北ベトナムは、その過程で旧南ベトナム側を支援する米軍の圧倒的な空爆に曝されます。それでもホーチミンら指導部のリーダーシップ下で一致団結して耐え抜き, 米軍・南ベトナム軍を出し抜き, 最終的に米軍の撤退に漕ぎ着けています。

 以前も本ブログで紹介した『知略の本質』(野中郁次郎ら著, 日本経済新聞出版社によると、軍事的には優勢と思われている中で、米国内で厭戦気分が広がるきっかけとなったのが『テト攻勢』だそうです。北ベトナム側は旧正月南ベトナムの主要都市でゲリラなどによる奇襲攻撃を仕掛けて一挙に制圧するつもりだったのですが、結局のところ米軍・南ベトナム軍の反撃ですぐに頓挫するのですが、都市部での凄惨な戦闘の様子が、当時急速に一般家庭へ普及していたメディアであるテレビで放映されたことで、米国内で一気に厭戦気分が広がることになりました。

 例えばの話、今後ウクライナが南部でも電撃的な反攻作戦を実行することでクリミア半島(ロシア側にとっては帝政以来重要な拠点・不凍港であり, ソ連崩壊後も自国領と認識)への再上陸を果たし, その様子がインターネット空間を通じてセンセーショナルに拡散されれば、ロシア国内での厭戦気分が高まる可能性があります。クリミアに駐屯していたロシア軍兵士が続々と投降し, ロシア軍の装備が次から次へと破壊・鹵獲され, ウクライナ軍が現地住民の熱烈な歓声を受けながら『凱旋』する映像がSNSYouTubeで大量にシェアされたり, ロシアの国営メディアがサイバー攻撃で乗っ取られて、一時的とはいえこうゆうセンセーショナルな映像がロシア全土に放映されてしまえば、ロシア国民や指導部へそれなりの心理的打撃を与えられるかもしれません。

 

 いずれにせよ、「『大義名分』らしきものが専制的な指導部の自己満でしかない」という戦争が早期に終結して, これ以上尊い人命が損なわれることがなくなることに越した事はありません。その上で、ウクライナへの侵攻と, その過程での戦争犯罪については、指導部, 並びに 前線での指揮官・『実行犯』に対して、公正な裁きと処罰が下されることが望まれます。

ここ1年間くらいに読んだ本の紹介

 こんにちは。現役救急医です。今日は医療からちょっと脱線した話題で記事を書こうと思います。私の興味の範囲は当然ながら医学・医療だけでなく、歴史とか世界情勢とか自然科学も含まれます。そんな私がこの約1年の間に読んだ様々な分野の本を雑に(笑)紹介してみようと思います。

 

(1) 医療関連の本

 「興味の範囲は医学・医療だけじゃない」と言っときながら何だ!と突っ込まれそうですが、まず看護師の木村映里さんの著書『医療の外れで 看護師のわたしが考えたマイノリティと差別のこと』(晶文社, 2020年)を紹介します。

 医療現場に居ると様々な患者さんに出くわします。アルコール依存症で酒が止められない, 実家とほぼ絶縁状態にあり収入も乏しい, 精神疾患を持っている, 感情のコントロールができず暴言や暴力に及ぶetc.といった感じで、こういっちゃなんですが少なからぬ医療従事者が煙たがる背景をもつ方も中にはいます。木村さんは、そういった社会的・経済的・精神的な背景が脆弱な患者さんとの背景にある事情や向き合い方などを、ご自身の経験談を踏まえつつも述べておられ、恥ずかしながら私にとっては「目から鱗」でした。特に医療従事者の皆様に一読頂けるよう勧めたい一冊です。

 

(2) 歴史関連の本

 まずは日本の中世〜近世史から。これらの本は以前も当ブログで紹介していると思いますが、

① 『武士の起源を解きあかす − 混血する古代、創発される中世』(桃崎有一郎 著, 筑摩書房, 2018年)

② 『室町の覇者 足利義満 – 朝廷と幕府はいかに統一されたか』(桃崎有一郎 著, 筑摩書房, 2020年)

③ 『戦国の忍び』(平山優 著, 角川新書, 2020年)

 ①, ③は世界的にも有名な日本の『サムライ』や『ニンジャ』の起源について、歴史的な文献や史実を参考に一般向けへ記述(ないし考察)しており、日本史の裏側について多くが学べて面白かったです。②については、金閣寺の建設や遣明船や『日本国王』の称号で知られる足利義満の統治体制等について詳しく書いており、本当に勉強になります。

 また近現代史 − というより第一次・第二次世界大戦についての本も何冊か読んでいます。

④ 『戦車将軍グデーリアン 「電撃戦」を演出した男』(大木毅 著, 角川新書, 2020年)

 これは第二次世界大戦の枢軸国であるドイツで『活躍』した将軍ハインツ・グデーリアンの『実績』や戦時中の『汚点』− 例えば、ホロコーストへの関与など− について史料を基に記述したものです。

⑤ 『後期日中戦争 太平洋戦争下の日中戦争』(広中一成 著, 角川新書, 2021年)

 この本は、太平洋戦争開戦後(=真珠湾攻撃マレー半島上陸作戦開始後)における日中戦争について、主に旧陸軍の名古屋第三師団の動き(≒日中双方の戦闘記録や証言など)を通して記述したものです。日本軍による細菌兵器・化学兵器の使用や, 中国国民党軍(中華民国軍)や中国共産党軍の対日作戦などについても記述があり、非常に興味深い内容となっています。

⑥ 『辻政信の真実 失踪60年 − 伝説の作戦参謀の謎を追う』(前田啓介 著, 小学館, 2021年)

 この本は以前も当ブログで紹介していたかもしれません。ノモンハン事件で色々と問題を起こした一方で、太平洋戦争開始後のマレー半島攻略を『成功』させるなど、毀誉褒貶の著しい旧陸軍の参謀 辻政信に関する伝記です。

⑦ 『指揮官たちの第二次世界大戦 素顔の将帥列伝』(大木毅 著, 新潮社, 2022年)

 この本は第二次世界大戦の枢軸国・連合国双方で活躍(?)した, 或いは 有名な指揮官を紹介・分析し、指揮官の資質について論述するものです。過去に当ブログで紹介していた『知略の本質』や『失敗の本質』同様、戦争のような危機時におけるリーダーシップ等について、多少は参考になるのではないでしょうか。

 

(3) 国際情勢について

 最後に、今まさに世界を騒がせている大国、中国とロシアについて専門家やジャーナリストが一般向けに著した本を紹介します。

① 『現代中国の秘密結社 マフィア、政党、カルトの興亡史』(安田峰俊 著, 中公新書, 2021年)

 題名からお分かりになると思われますが、中国で清朝末期くらいから近年に至るまで発生した色々な秘密結社を紹介し、それらの結社と中国国民党中華民国中国共産党中華人民共和国の関係性などを解説してくれる非常に興味深い本です。

② 『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』(廣瀬陽子 著, 講談社, 2021年)

 この書籍の発行年月日は2021年3/1であり、ロシアのウクライナ侵攻の約1年前です。この本ではロシアの意図について「ロシアはウクライナ東部の併合を望んでいるわけでなく、影響力を維持した上で連邦などの形でウクライナに残すのではないか」という考察が述べられていますが、実際のところ、2022年2月末にロシアはウクライナの完全併合を目指して大規模侵攻作戦に踏み切ってしまいました。そしてその後、首都キーウの制圧が失陥したためウクライナ東部と南部(クリミア半島含む)の維持に方針を切り替えたような感じになっています。

 それでもなお、ロシアの対米・対日政策や, その為に使用する手段, アフリカや南米への影響力行使や中国との関係性についても詳細な解説がなされており、本当に勉強になりました。

③ 『ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔』(小泉悠 著, PHP研究所, 2022年)

 これは最近TVに良く出ておられる軍事評論家 小泉悠さんの著書です。軍事的な側面から離れて、自身のロシア滞在経験談を交えながら、ロシアという国の国民性や生活などを一般向けに綴っています。

 近年はCOVID-19のせいで海外旅行の機会もだいぶ遠のいた感じがありますが、私の医学部同期の海外の卒業旅行先は、タイ・韓国・台湾等のアジア圏やスペイン・フランス等のヨーロッパ, グアムといった所謂『有名どころ』ばかりで、「ロシアに行ってきた!」という人に会ったことがありません。そんな近くて遠い(?)国ロシアの内情について多少とも学ぶことができる面白い本です。

 

 今日の記事はだいぶ長文になってしまいましたが、興味をそそられた本があったら、是非上記リンクをクリックしてご購入をご検討下さい(私にもちょっと紹介料が入りますし笑)。

東京女子医大の混乱から日本の現状を憂う

 皆さんこんばんは。現役救急医です。最近色々と忙しく、ブログもYouTubeも全然更新できていません。頑張ればネタの一つや二つは思いつく筈ですし, 実際色々興味のあるトピックは存在するのですが、いかんせん纏めてからブログやYouTubeに上げる時間的・体力的・精神的余裕が明らかに減じています。

 言うまでもなく、COVID-19の第7波が影響しています。政府は『まん延防止措置』や『緊急事態宣言』などの発出を見送ったまま来ていますが、そのせいもあってか感染拡大は一向に落ち着く気配がないように思われます。私個人としてはコロナワクチン接種を遍く国民に実施できている(或いはその素地が揃っている)のであれば、その選択肢は必ずしも『悪』でないと思う反面、第1波から6波に至るまで「各地の医療機関と保健所が増大する感染者に対処しきれず、医療スタッフやその同居家族の感染に伴う人員不足等も災いしてCOVID-19以外の患者の診療もままならない」ということを繰り返してきた事に対する抜本的な対策が一切講じられていないことに不満を禁じ得ません。

 

 そんな中で、また日本の医療の先行きに不安を生じさせるニュースが飛び込んできました。以下、週刊文春の記事を適宜引用・参考にしつつ説明してみます。

 東京女子医科大学ICUでは2014年に、小児患者への鎮静薬(プロポフォール。本来小児には禁忌と考えられている)を過剰投与したことに伴う死亡事故が発生していましたが、その反省を活かして分散していたICUを統一し, 新たに小児ICUを設け, 新たに教授を招聘する等の対策を講じた結果、ICUの機能が一旦『回復』していたそうです。

 しかしながら、女子医大の経営陣である理事長らが小児ICUの採算や新たに招聘された教授の給与にいちゃもんを付けたせいでその教授が辞任し, その教授に続いて医師が辞めたため小児ICUが無くなり, その結果、術後管理に高度な技術が必要な臓器移植手術患者やその他の術後患者, 重症患者の診療(=ICU診療全般)に影響が出つつあるというのです。

東京女子医科大学病院の「ICU崩壊状態」を招いた、患者の命を軽視した経営方針と恐怖政治 | 文春オンライン

《患者の命が危機に》東京女子医科大学病院のICU医師9人が一斉退職「ICU崩壊状態」で移植手術は中止か | 文春オンライン

 女子医大については他にも、経営陣が医療スタッフのボーナスをカットし, 病院経営で赤字を出す一方で、理事長ら経営陣の報酬を増やす等の経営陣による不正・腐敗が指摘されています(そのような経営陣に不満を抱いて離職するスタッフが相次いでいるそうです)。

(2ページ目)「いつ事故が起きても不思議ではない」名門・東京女子医大が“存続の危機” 理事長“女カルロス・ゴーン”の「疑惑のカネ」《内部資料入手》 | 文春オンライン

 

 要は、無能な経営陣が権力を振り回すことで現場の医療スタッフの努力やモチベーション, これまでの成果を台無しにし、自分達は蓄財に勤しんでいるということでしょう。組織内の自浄作用が正常に機能したり, 行政(≒警察[と検察?])や司法(≒裁判所)による介入が行われたりすれば多少なりとも女子医大の状態を改善できるとは思うのですが、記事から察する限り現段階では難しいのかもしれません。

 最近私は『ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔』(小泉悠 著, 株式会社PHP研究所という本を読んだのですが、その中でプーチン政権について以下のような記述があります。

プーチンが大統領に就任したとき、ロシアはガタガタの状態でした。(中略)こうした状態にある祖国を前にして、プーチンは『戒厳司令官』として自らを規定し…(中略)プーチン大統領は政権に逆らう大富豪を粛清して経済やメディアに対する国家統制を強め、チェチェンの分離独立主義者を軍事力で鎮圧していきました。」

 

「この間、ロシア経済は好景気を経験し、(中略)プーチンは一時期『名君』扱いでした。(中略)問題は、戒厳令がいつまでの解除されなかったことです。」

 

「しかも、強権による秩序の回復は政権の外側においてであって、プーチンに近い政財界の有力者たちの間では途方もない蓄財やコネ人事が罷り通るようになっていきました。」

 実際、プーチンに対して批判的だったジャーナリストの殺害や, 亡命中の元KGB職員の暗殺・暗殺未遂, そして近年では野党政治家のアレクセイ・ナワリヌイ氏の毒殺未遂といった事件が発生しています。また近年、周知のように、プーチン政権はシリア・ウクライナへの軍事介入を行い, 今年には遂にウクライナへの本格侵攻を開始し, 国内では(多数派ではないようですが)侵攻を批判する人々への弾圧を強化し, 統制下にある国営メディア等の手段を通じて侵攻を強引に正当化しています。

 こうして対比してみると、今の女子医大の経営陣とプーチン政権が「全く同一」とまで行かなくとも、類似点を幾つか有していることが分かります。我が国は1945年の第二次世界大戦/アジア・太平洋戦争における敗戦をきっかけに米国から民主主義を受け入れ, 大日本帝国憲法に代表される強権的な支配体制から『卒業』した筈です。しかし21世紀・令和の現状はどうでしょうか?森友・加計学園問題厚労省の賃金統計不正などに代表される政治家・高級官僚による不正が未だに見られ、中には有耶無耶に処理されて、本来責任を問われるべき人間が『野放し』になっているような有様です。政府ですらその様ですから、その他の組織(地方自治体や教育機関, 一般企業, 大学病院など)は言うまでもないでしょう。

 日本国内で生じている諸問題の根底に、上記のような『宿痾』があるような気がしてなりません。