Voice of ER ー若輩救急医の呟きー

東日本の某県に勤務する救急医。医療を始め、国内外の問題につきぼちぼち呟く予定です。

海外メディアで英語のリスニング。そして国際情勢も学ぶ。

 数年前から、英語のリスニング練習のつもりでYouTubeで海外メディアのチャンネルを時々視聴しています。私がよく見ているものを紹介すると、

CNN(米国)や、

www.youtube.com

BBC(英国)

www.youtube.com

アルジャジーラ英語版(中東のカタール

www.youtube.com

といった、日本でよく名前を聞くメディアもあります。他方、Vox, ニューヨークタイムズ, インターセプトといった、日本ではあまり聞かないメディアもありますが、こちらも面白いので良く視聴しています。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 いずれも、独自の角度からニュースを報道・分析しており、日本の世論・メディアと違う分析や事実に触れることが出来ます。

 今回は、これらのメディアが最近公開した動画の中で、印象に残ったものを紹介します。まず1つ目ですが、今年の10/24にBBCが公開した動画"China's hidden camps"です。

youtu.be

中国が新疆ウイグル自治区で、ウイグル人住民を弾圧していると言う話題は、以前からたまに話題に登っていましたが(下記リンクも参照)、なんとBBC取材班は現地に乗り込みました。中国政府が建設した収容所を衛星写真等から特定して周囲で撮影を行ったり、家族が収容された住民に直撃インタビューを行ったのです。この動画内では、取材班の収録を妨害する中国当局関係者や、「我々は再教育を行っているだけだ」と主張する中国政府のプロパガンダも登場しています。

イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイグル「絶望」収容所 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ウイグル族を「QRコード」で管理する中国 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 ニュースを見ていると、歴史問題・尖閣諸島・米中貿易戦争ばかりが話題になっているきらいがありますが、このような大規模な人権侵害が現在進行中であることを忘れては行けません。

 

 次に、アルジャジーラ英語版の動画を紹介します。題名は"Crimea: Russa's Dark Secret"。12/23に公開されたばかりの、クリミア半島の現状を扱ったドキュメンタリーです。

www.youtube.com

 2014年2月、ウクライナの首都キエフでの反政府デモをきっかけに、親ロシア派の当時の大統領ヤヌコヴィッチが失脚しました。すると同月下旬、ロシア系住民が多いクリミアに所属不明の部隊が続々と進駐(後にロシア軍と判明)し、住民投票を実施。その結果、4月にはクリミア議会がロシアとの併合を宣言しました。

 当然、併合に反対する人々もおり、その中に少数民族タタール人もいました。彼ら・彼女らは第二次世界大戦中の1944年、スターリンに「ドイツ側に寝返った」と嫌疑をかけられ、全員がクリミアから強制的に移住させられるといった弾圧をソ連時代に受けていました(クリミアへの帰還を許されたのは、ゴルバチョフの時代になってから)。そのような経緯から、タタール人は併合に反対し、併合成立後も抗議行動を行っていたのですが、こうした活動家を当局が非常に卑劣な手段で弾圧している(かなり濃厚な)疑いがあります。突然誘拐され、後で死体で見つかったり(しかも拷問された痕がある)、ウクライナへ亡命を余儀なくされ家族と引き離された人がいるのです。

 対ロシアとなると、メディア・世論共に北方領土に関心が向かいがちな気がしますが、ロシアだって中国・北朝鮮同様、軍事力や経済力, 諜報機関等の実力を以って他国の安全に脅威を与えたり、自国民の権利を好き勝手に制限するという暴挙に及んでいるのです。

 

 このような①各国の安全保障に関わる問題, ②(国籍に関係なく)基本的人権を巡る問題 が目の前に横たわっているのに、「レーダー照射した」だの「いやしてない」だの云々で、喧嘩している暇なんてあって良いのか?と思う年の瀬でした。